グルテンフリー教室「米粉ハウス」主宰 千装智恵子が、乳がん、白血病、卵巣がんと過ごした日々... 本質の自分をみつめるあれこれを発信する”生きるレシピ”ブログ

子宮全摘

乳がんから、3年後・・・

元々あった子宮筋腫が新生児の頭の大きさに成長し、内膜症も酷くなってきた。

子供が欲しかったから、そのままにしていたらお腹が出てきた。

病院へ行ったら、貧血も酷かった。

「男の人なら、地下鉄の階段上がれませんよ。」っと言われるが、私はそんな自分の体に慣れているから平気でした。

でも、「あなた交通事故に今あったら、出血多量で死に至るかもしれませんよ。」っと、脅された。

これでは、海外によく行く私としては、外国で何かあったら大変と思い、手術を決意しました。

先生に、「卵巣も摘出した方がいいですよ。」と、勧められたけど、乳がんの時のホルモン注射の経験から、更年期障害になるのが嫌で先生に残してください。と、お願いし残すことになった。

残したことによって、後に卵巣がんになるなんて。

これは、またあらためてか書きます。

先ずは、貧血を治してからでないとオペができないので2カ月間、鉄剤を飲みました。

飲んだことのある方は、わかると思いますが、この鉄剤って、本当に便に鉄が含まれてるのがよくわかる感じで、すっごい苦手でした(笑)

そして、入院となりました。

前回、鼠径ヘルニアと潜在意識に書いたように

鼠径ヘルニアと潜在意識
鼠径ヘルニアと潜在意識
乳がん、白血病、卵巣がん、リンパ節転移とがんを迎えてしまった私。病は氣から。がんとは、闘いません。体験談を綴ります。

女性であることを意識しなくなると、女性が持っている臓器などに疾患がおよぶなんて。

それでも、モデルの仕事も自宅教室も続けていました。

私としては、楽しく充実していました。

でも、

女性としての意識の少なさの中で女性としての仕事をしていた。

私の意識レベルと行動のギャップがあまりにも大きかった。

ただただ、自分に課したことをこなす日々。

そして、こなせたら「やったぁ~!」と満足し

こなせなかったら、自己嫌悪に入る私。

なんで、もっと“自分が喜ぶこと”をしていなかったのかな?

今の私なら、その頃の私に「自分が喜ぶことをしなさい。ちゃんとやってる?」って、言えるのになぁ~(笑)

乳がん再発防止のために、女性ホルモンを止める薬を5年間飲み続けなくてはいけなし、子宮は全適となった。

さすがに、女じゃなくなるの?

男っぽくなるの?

と、考え込みました。

そして、オペをし子宮がなくりました。

女性の皆さん、せっかく女性として存在しているのですから、大切にしてくださいね♪

後から氣づけることって、いっぱいあるけど

今ある状況を今、氣づけるって最高の人生につながるよ!

これは、病気だけじゃなく、仕事、夫婦関係、家族関係などなどね。

自分の道は、自分で作り守らないとね。

ちょっと、その頃の心境を詩にしました。

♪気づけなかった♪

涙が溢れ出す

あなたを思い出す

あなたのやさしさがあったから 私がいたの

そんなあなたに気づけなかった私

もうあなたと話すことも笑うこともできないのね

私は、ひとり黄昏てあなたを懐かしむ

もう会えないないのね

もう会うことができないのね

もう追いかけることもできないのね

でもあなたは、私にたくさんのメッセージをくれた

ありがとう

ありがとう

それから、一週間も立たないうちに腸閉塞になりました。

continues・・・

http://komekohouse.com/blog/#